長老制について

各教会が自治的な運営をする

長老制においては全国教会の会議がトップに置かれており、大会と呼ばれています。

その大会の下にはそれぞれの地域ごとに、地域教会の会議として中会が置かれ、さらにその下に一般の教会があるという位置づけです。

この点だけを見ると、監督制によく似ていますが、運営を取り仕切る役職に就く者の選出方法が異なります。

各教会の責任者として宣教長老が置かれ、聖職者がこの役職に就きます。

教会にいる牧師が宣教長老であることが多いです。

そして、治会長老が宣教長老を適切にサポートしながら教会を運営し、執事の役職に就いている者が運営上必要となる庶務などの仕事をこなします。

この治会長老と執事の選任方法は、一般の信徒の中から選出されるという仕組みです。

信仰歴が長く、他の信徒から強く信頼されている信徒が治会長老や執事に任命されます。
聖職者の人と比べても、キリスト教の教義に関して深く理解している人が多いです。

聖職者である宣教長老と協力して教会運営を行って行きます。

 

議会制民主主義に近い

聖職者の場合には、職業として教会運営に携わっています。

聖職者の場合には、物事の考え方などが一般の信徒とは、やや異なる面も多いです。教会には一般の信徒が礼拝をするために訪れます。

キリスト教徒以外の人が教会に足を運ぶことも多いです。
聖職者ではない一般の信徒が教会運営に携わっている長老制を採用している教会は、一般の人にも親しみやすいと言えるでしょう。
プロテスタントの教会で多く採用されている制度です。

教会における意思決定をする際にも、宣教長老が決めたことを治会長老や執事が行うという仕組みではありません。
宣教長老と治会長老、執事の3者が協議することで、運営に関する事項を決定します。

そのため、一般の信徒の意見が教会運営に反映されやすい仕組みになっているのが特徴です。

この仕組みは、国や地方自治体などで採用されている議会制民主主義に近い制度と言えます。

長老制を採る教会において、治会長老や執事は国や地方自治体で言うところの議員のような役割を果たしているというわけです。