聖マリア教会

歴史と伝統の深い教会

世界各国には歴史と伝統の深い教会が数多く点在していますが、その代表格と言えば、ホーランドの聖マリア教会ではないでしょうか。

製マリア教会は、ポーランドのクラクフの歴史地区に位置しており、11世紀から約600年もの長い間、ポーランド王国の中心地として反映を極めてきた場所です。

ポーランドでは第二次世界大戦の激しい中、多くのユダヤ人が迫害を受けてきましたが、そのような状況の中でもこの教会は戦禍から逃れ、古き良き伝統のある教会はもちろん今も、そのままの姿で残っています。

中央市場広場に行くと、製マリア教会の雄々しい光景がすぐ目の前です。
ポーランドでキリスト教の歴史を訪ねるなら、ぜひ1度は聖マリア教会に足を踏み入れたいものです。

 

キリスト教徒でなくても1度は訪れたい場所

ポーランドを旅する機会があれば、とくにキリスト教徒ではなくてもぜひ1度訪れてみたいのが、クラクフの聖マリア教会ですね。
この教会が建立されたのは西暦1222年のことで、ゴシック様式のこの教会は、糖の高さが約82メートルもあります。

圧倒的な存在感があり、少し離れた場所から聖マリア教会を眺めてみても、すぐに目につくほどです。
製マリア教会の中に一歩足を踏み入れると、美しいステンドグラスが見られます。

昔ながらの数々の美しい芸術品も趣があり、とても素晴らしいものです。
教会内でのいちばんの見所は、ファイト・シュトースによって造られた祭壇です。

この祭壇は15世紀に造られたものと伝えられており、現在ではポーランドの国宝とされています。

聖マリア教会の点在するクラクフの街は、ポーランドの古き良き時代の名残が感じられる街であり、交易地としても反映を極めてきた街です。