ユダヤ教の教会

ユダヤ教ってどんな宗教?

そもそもユダヤ教とは、どのような宗教のことを指しているのかご存知でしょうか。
ヘブライ人のヤハウェ信仰がその起源であり、神様と人間との契約によって成り立っている宗教と言われています。

ユダヤ教とキリスト教、イスラム教について比較すると、ユダヤ教が誕生したと言われているのは、紀元前2000年頃、キリスト教は紀元前1年頃、そしてイスラム教が誕生したのは紀元後700年頃とされており、この中ではユダヤ教がもっとも歴史が古いということになります。

ユダヤ教の経典は旧約聖書、その旧約聖書がイエス・キリストによって改正されたものが新約聖書です。

実は、ユダヤ教とキリスト教、イスラム教とのつながりは深く、宗教としては姉妹関係にあるとも言われており、いずれもある特定の神を崇める宗教とされています。

ユダヤ教を象徴するのは、6つの頂点のあるダビデの星であり、エルサレム神殿がユダヤ教の聖地とされています。

 

ユダヤ教の教会はどこにあるの?

ユダヤ教と言えば、これまで数多くのドラマや映画などで、ユダヤ教の信者への迫害について描かれてきました。
実在のピアニストが描かれた映画「戦場のピアニスト」には、第二次世界大戦のポーランドのワルシャワが舞台となっており、記憶に新しいことと思います。

ユダヤ教には独自のユダヤ暦と呼ばれる暦があり、日本の旧暦と同様に、月の満ち欠けによって月が決まっていて、このユダヤ暦によって祭日が決められているそうです。

ユダヤ教は日本国内ではあまりなじみがなく、西洋の宗教ではキリスト教の信者がもっとも多いのですが、実は東京都や大阪にユダヤ教の教会が存在しているそうです。

世界中にはユダヤ教の教会がどれくらいあるのか、どの国々に存在しているのか、詳しいことはあまりわかっていませんが、第二次世界大戦のヒトラーの時代にユダヤ教が激しい弾圧を受けた影響もあり、その数はそれほど多くはないようです。