キリスト教の教会

キリスト教とは

西洋の宗教でもっともよく知られているのは、キリスト教ですよね。キリスト教を日本国内に広めた人物と言えば16世紀半ばに活躍したフランシスコ・ザビエルであり、中学校の歴史の授業でも学んだことと思います。
しかし、その時代の日本は戦国時代のまっただ中であり、織田・豊臣政権から江戸時代へと変わろうとしていました。

その頃から日本国内でもキリスト教の信者が増えてはいましたが、激しい宗教弾圧を受けることもありました。
キリスト教の教義については、とくに桐井と教を信仰していない人でもある程度はご存知のことと思います。

イエスをキリストとして信仰する宗教であり、キリストとは「救いの主、救いの神」といった意味があります。

日本国内にはキリスト教について大きく2種類に区分されており、カトリックとプロテスタントが主流です。

カトリック教会がいつ頃建てられたのか、詳しいことはわかっていません。
世界の国々には2世紀の中期以降にはすでにカトリック教会が存在していたとも伝えられています。

プロテスタントのほうが、カトリックよりは比較的新しく、宗教改革によって誕生したと伝えられています。

 

キリスト教の教会の魅力とは

とくにキリスト教の信仰の有無に関係なく、未婚の女性ならキリスト教会での結婚式には憧れを抱くのではないでしょうか。
チャペル・ウェディングは、キリスト教の信仰の有無に関係なく、希望があれば挙式を行うことができます。

結婚式場でのチャペル・ウェディングもありますが、厳かな気持ちで挙式をしたいのであれば、やはりキリスト教の教会がおすすめです。

教会によっては、信者でない人が挙式する場合は、挙式前にミサに通う必要があるとされる場合もあるようです。

本来、キリスト教の教会では、どんなことが行われているのでしょうか。
牧師や神父のお話を聞くこともあれば、聖書に関する勉強をすることもあります。

チャペル・ウェディングのイメージが定着していますが、本来、キリスト教の教会では、神様の礼拝をする場所として開放されています。