イスラム教の教会

イスラム教ってどんな宗教?

世界中でもっともよく知られている宗教と言えば、キリスト教、そしてもうひとつにはイスラム教があります。
世界の宗教ではキリスト教の次に大規模な宗教と言われており、現在のサウジアラビアで誕生しました。

イスラム教が誕生したのは、紀元後700年頃と言われており、イスラム教を開いたのはムハンマドと呼ばれる人物で、もともとは商人として大成功を収めており、商才に優れた人物と伝えられています。

イスラム教の唯一神はアッラーであり、「アッラーの神」という言葉を耳にした人も多いことと思います。そもそもイスラムという言葉は「神に帰依する」ことを表わしています。

神を崇めるというところでは、キリスト教とも共通しています。
イスラム教を信仰する人、その教徒のことをムスリムといい、神に帰依する人といった意味があります。イスラム教では食事制限があり、とくに飲酒と豚肉は禁止されています。

 

イスラム教の教会がある場所は?

日本国内ではイスラム教はなじみが薄いようですが、日本国内にもイスラム教の教会は存在しているようです。
イスラム教会ではどのようなことが行われているのでしょうか。

イスラム教では、神に祈りを捧げる前には、体を清めておくのがしきたりであり、それが神に対する最低限の礼儀・礼節だとされています。

イスラム教会では、キリスト教のように礼拝などが行われており、イスラム教の信者たちは、定期的に教会に集い、神に祈りを捧げています。

イスラム教では、礼拝をする時間を大切に過ごすことはもちろんですが、日常生活の中でのひとつひとつの行動や振る舞いを重視しています。
とくに、神様に服従するといった思いが強いようです。

イスラム教の礼拝堂のことを英語でモスクといい、神聖な場所とされています。
現在、イスラム教の教会が集中している国はイスラム国やその周辺の国々と言われています。