教会について

世界中にはどんな宗教や教会があるの?

日本は神道や仏教などさまざまな宗派の宗教が存在しており、全国各地に数多くの神社や仏閣、宗教団体などが点在しています。
日本国内の宗教法人は約182000法人と言われています。

街を歩いていると、キリスト教の教会や神社の鳥居などをよく見かけます。日本は、世界の国々と比較すると、宗教に関しては寛容性が高いと言われています。それでは、世界の国々ではどのような宗教があり、どんな教会があるのでしょうか。

世界中でもっともメジャーによく知られている宗教と言えば、キリスト教ですね。

日本国内にもキリスト教の信者が多く、西洋の宗教としては最大規模です。
この他にはイスラム教やユダヤ教などの宗教を信仰する人がたくさんいます。

日本は仏教を親交する人がたくさんいますが、その中でも浄土真宗や禅宗、真言宗など、いくつかの宗派に分かれています。

 

そもそも教会とは?

世界中の宗教の種類はどれくらい存在するのか尊像すらつきませんが、宗教について大きく2つの種類に区分するとすれば、キリスト教のようにある特定の人物を神として崇める宗教もあれば、仏の教えを信仰するものもあります。

日本国内では、宗教に関する規制などがほとんどなく、基本的に宗教は自由であり、信仰の自由が認められています。
国や地方自治体などによって、ある特定の宗教を信仰するようにといった決まり事もとくになく、自分が本当に信ずる宗教があれば、自由に選択することができ、「信教の自由」が日本国憲法にて認められています。

しかし、海外の国々では宗教の自由が認められた国もあれば、そうではない国もあるようです。宗教によっては、毎日の生活や行動、食事についても制限されることもあります。

世界中には実に多くの教会があり、わたしたち日本人は「教会」と言えば、プロテスタントやカトリックなどのキリスト教会の信者が集う場所、キリスト教を信仰するための施設だと認識していますが、世界中にはイスラム教の教会やユダヤ教の教会なども存在しているようです。